喉に感染する淋病

咽頭淋病とは?

咽頭淋病というのは、喉に淋菌が感染しておこる性病です。ノドのことを専門用語では咽頭といいます。咽頭淋病は淋菌に感染している人の口から口へ感染することもあります。ディープキスで感染するということです。また、フェラチオなどのプレイで、口から性器へ感染することもあります。一般的に口での性行為は、オーラルセックスといいます。

 

咽頭淋病に感染した場合の症状ですが、喉の炎症や痛み、発熱などがあります。また、ノドに淋菌が感染していても、自覚症状がないケースも多いといわれています。自覚症状がないので、淋菌感染を拡大させてしまうことも多いようです。複数の異性や男性と性行為をする人、風俗店などで遊ぶ人は、定期的に検査をしたほうがいいでしょう。

 

性器の淋病に感染している人の30%は、咽頭にも淋菌が感染しているというデータもあります。検査をする場合は、性器の淋病と咽頭淋病と同時に検査をしたほうがいいでしょう。咽頭淋病は自覚症状に乏しい場合もあるので、日頃のチェックが肝心といえます。


365fx業者一覧 HOME

淋病の症状・検査・治療方法