淋菌の感染が原因

淋菌の感染と潜伏期間について

淋病になってしまう原因は、淋菌という細菌の保菌者との性行為です。男性は、性器に痛みを感じたり、尿を排泄する時に、黄緑色の膿が出ることがあります。女性の場合は、性器に痛みを感じることがあるのですが、8割程度の女性の感染は自覚症状に乏しいので、自分が感染していると気がつかないことが多いとされています。

 

1回の性行為で30パーセント程度の人が感染すると言われています。わりと高い確率で感染します。オーラルセックスを行なうと咽頭にも感染していきますので、性交時にコンドームをつけているから感染しない訳ではありません。咽頭に感染しているものが、性器に感染することもあります。オーラルセックスのときもコンドームの着用が望ましいです。

 

淋菌が感染した場合の潜伏期間は個人差があり、2日から7日程度と言われています。20パーセント程度の人はクラジミアにも同時感染しているといわれています。


365fx業者一覧 HOME

淋病の症状・検査・治療方法